ゴルフ練習場にはいろいろな人がいます。
他人を寄せ付けないオーラを発しながら黙々と練習する人。スマホで動画を撮りあってはしゃいでいるカップル。
得意げにドライバーを振りまくるおじさま…。

練習場に来た目的は多々あれど、誰しも悩みや、練習にまつわるちょっと苦い失敗経験をお持ちではないでしょうか?

今回はゴルフ練習あるあるを考えてみました。

●教え魔問題
特に、初心者や女性の方が抱えることの多い問題が、“教え魔”ではないでしょうか。
まだ始めたばかりで、練習場のシステムもよくわからずオドオド…一生懸命クラブを振ってはいるけど右に左に…下手すれば屋根にぶつかって注目の的…
逃げ出したくなるような状況に追い討ちをかけるかのごとく現れる、常連のおじさん。
気づけば勝手に椅子に腰掛け、「始めたばかりか?」「誰かに教わっているのか?」から入り、「頭を上げない」「振り遅れている」などの技術指導が始まる。

私もゴルフを始めたばかりの頃は、一番の悩みだったような気がします。
今となっては、あまりに気の毒な初心者の私を見て黙っていられず声をかけてくれたのかなぁとも思えるのですが、当時はイヤでイヤで仕方ありませんでした。
まさに“小さな親切、大きなお世話”なわけです、こちらからすれば。

上手くないことなんて自分が一番分かっているし、上達したいから苦手なクラブ中心に頑張って練習しているのです。
そこへ来て「なんだ、スライスばっかだな」なんて言われたら泣きたくなります。

そこまで嫌だとは思わなくなった今でも、初心者の方を見たら温かく見守ろう、自分がどれだけ上手くなったとしても、聞かれてもいないのに他の人に技術のアドバイス等はしない、と心に決めています。PRサイト:ヘッドスピードをアップするには